訪問看護を受けるには

訪問看護とは訪問看護ステーションから、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。

医療保険で訪問看護を利用する場合

赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。ご利用を希望する際には、かかりつけの医師にご相談ください。訪問看護ステーションでは、かかりつけの医師が交付した「訪問看護指示書」に従い、必要なサービスを提供します。

介護保険で訪問看護を利用する場合(要支援、要介護認定が前提です)

「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

サービス内容

訪問看護
1療養上のお世話

身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄の介助・指導を致します。

2医師の指示による医療処置

かかりつけ医師の指示に基づく医療処置を致します。

3病状の観察

病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェックし、医師と連携し病状の改善や健康維持をお手伝いいたします。

4床ずれ予防・処置

床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て等を致します。

5ターミナルケア

がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるような適切なお手伝いを致します。

6認知症ケア

事故防止など、認知症看護の相談・工夫をアドバイス致します。

7ご家族への看護支援・相談

介護方法の指導ほか、様々な相談対応を致します。

8介護予防

低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイスを致します。

9様々な在宅サービスの紹介

介護保険や助成制度などの在宅サービスや保健福祉サービスの紹介や各種サービスとの連絡調整を図り、安心して療養が受けられるようお手伝いいたします。

訪問リハビリテーション
1機能訓練

関節の運動・筋力トレーニングや起き上がり・立ち上がり・歩行などが、より安定すように援助致します。

2日常生活の動作訓練

更衣やトイレ動作・入浴方法から調理・洗濯・掃除などの日常生活の動作がスムーズになるように援助致します。

3呼吸リハビリ

呼吸器疾患による息苦しさを呼吸法や排痰法、運動療法により改善致します。

4住環境の整備

手すりの位置や段差解消、杖・歩行器など福祉用具のアドバイスを行います。

5骨折後や病後

生活活動性向上の支援を行います。体力・筋力・関節の動きの維持または向上に適した運動方法を指導いたします。また、安全で負担の少ない介助方法を指導いたします。

6脳卒中にお困りの方

ご利用者に適した生活空間、道具についてのご相談を行います。体力や筋力の維持・向上、動作練習指導及び自主運動、日常生活での注意点の指導・ご相談を行います。

7終末期での在宅療養

呼吸理学療法やマッサージによる緩和リハビリをご提供いたします。ご希望があれば、ご家族への指導をいたします。

8体力維持・健康増進

筋力・体力の維持・向上の支援を行っています。生活注意点や趣味の勧めといった日常生活指導や相談も行っています。

9心理的サポート

リハビリを提供するだけではなく、心を感じて頂けるよう支援致します。また、ご家族への介助方法の説明も行います。

居宅介護支援
対象者

要介護1以上の認定を受けた方

サービスの内容
1ケアプランの作成

ケアマネージャーが、心身の状況や生活環境、本人や家族の希望などに沿ってケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。

2サービスの連絡・調整

ケアプランに基づいたサービスを提供する事業所や施設との連絡・調整をおこないます。また本人や家族の代わりに要介護認定の申請手続きや更新認定の手続きをおこないます。

利用料金

利用料はありません。
※介護保険で全額支払われます。

ご利用料金

利用する公的保険の種類によって基本利用料の割合が異なります。

基本利用料 その他の負担
■介護保険で訪問看護を利用する場合
毎回、他の居宅サービスと同様に費用の1割を負担
支払限度額を超えるサービス(訪問看護回数増など)、保険給付対象外サービスは全額自費負担
■健康保険・国民健康保険で訪問看護を利用する場合
70歳以上の方は、原則として費用の1割(現役並み所得者の方は費用の3割)を負担
70歳未満の方は、原則として費用の3割(義務教育就学前の方は費用の2割)を負担
一定時間を超えるサービス、休日や時間外のサービスは差額を負担
その他、交通費など、実費を負担していただく場合がございます。
基本利用料 ■介護保険で訪問看護を利用する場合
毎回、他の居宅サービスと同様に費用の1割を負担
一定時間を超えるサービス、休日や時間外のサービスは差額を負担
その他、交通費など、実費を負担していただく場合がございます。
その他の負担 支払限度額を超えるサービス(訪問看護回数増など)、保険給付対象外サービスは全額自費負担 ■健康保険・国民健康保険で訪問看護を利用する場合
70歳以上の方は、原則として費用の1割(現役並み所得者の方は費用の3割)を負担
70歳未満の方は、原則として費用の3割(義務教育就学前の方は費用の2割)を負担